【要注意】「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響③『想像力の欠如』

kohogokakanshou-souzouryokuketsujyo いである先生

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

いであるです。

今回は、「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響のお話、第3回目。

『想像力の欠如』についてお話していきます。

前回のお話を読んで復習されても良し。

今回のお話だけを読んでいただいても、分かるように書いています。

それでは、本編へどうぞ♪

【要注意】「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響②『決断力』がつかない!
ブログをご覧の皆様、こんにちは。いであるです。前回は、『自立の難化』について書きました。「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響の2つ目、『決断力』がつかない!事についてです。

『想像力の欠如』毎日の着替え、準備していませんか?

株式会社PLS 着替えを準備していませんか?

何かに迷った時、すぐに答えを求めてしまうのがお子さんです。

ゲームの攻略本、夏休みの宿題の答え、マンガの結末、全て近道して知りたくなってしまいます。

これは大人でも、同じなのかもしれません。

ここで注意していただきたいことなのですが、お子さんのためを思って、答えをすぐに教えることは控えてください。

例えば、「着替え」です。

毎日、親御さんが、服を用意するのではなく、お子さんに選ばせてみませんか?

どんな服装が好みなのか、好きな色は何色かが、すぐにわかります。

【要注意】「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響!『自立の難化』とは?
ブログをご覧の皆様、こんにちは。いであるです。今回は、子育てをしているとよく耳にする「過保護と過干渉」についてのお話です。「過保護や過干渉はしないように」とよく世間では言われています。実際にはどのようにして、お子さんに悪影響が及ぼされるのでしょうか?3回に分けて、お伝えしていきます。

『想像力の欠如』私が実際に出会ったお子さんの例

株式会社PLS 実際に出会ったお子さんの例

いつも服を用意している親御さんが、7月の夏真っ只中に長袖を用意したとしましょう。

考える力のあるお子さんなら「なんで暑いのに長袖?」「今日は寒いのかな?」などと考えます。

しかし、何も考えずただ用意された服を着ているお子さんは、何も考えません。

用意されているから着るだけです。

行動する前に考えることをしないのです。

大袈裟に思いますが、こういったお子さんは大勢います。

実際に私がフリースクールを運営していた時に、そのようなお子さんがいました。

暑い時期なのに、モコモコの長袖、分厚めの長ズボンを着ていたのです。

もちろん周りの友達は異変に気付きますが、本人は不思議な顔一つせずに汗をかいているだけでした。

私が「この服装暑くない?お気に入りなの?」と聞くと、「ううん、ママが用意してくれた」と返答。

前に述べたように、自分で考えられるお子さんですと、親御さんに「今日はこれ着ないよ」と言えるのです。

しかし、「過保護・過干渉」の元で育ったお子さんたちは、この区別をすることが苦手になり、「とりあえず親が言ってるからそれに従う」という考えになってしまいます。

404 NOT FOUND | 経験豊富な復学支援者がサポート
株式会社PLS

『想像力の欠如』は他者を傷つけることにも繋がります

株式会社PLS 他者を傷つけてしまう

日々の生活の中で、これまでに書いたような、経験を積み重ねていくことにより、『想像力の欠如』に繋がっていくのです。

少し大袈裟な話をします。

「ムカついたから殴る」

「欲しいから奪いとる」など

「なぜダメか」を想像できず、他のお子さんを傷付ける場合もあるのです。

『想像力が欠如』してしまうと、自分自身の身の回りのことができないだけでなく、他の人を傷付けます。

他人の気持ちが理解できないからです。

【今から始めてみよう!】PLSがお伝えします。『家庭教育のススメ』
ブログ読書の皆様、こんにちは。いであるです!突然ですが、「家庭教育」という言葉を聞いてピンときますか?一昔前は、「家庭教育」という言葉はあまり話題にはなることはありませんでした。さて、今回は、ご家庭でのお子さんとの接し方のススメを記事にしました。ご覧ください。

『想像力の欠如』を防ぐための近道とは・・・

株式会社PLS 『想像力の欠如』を防ぐために

他人の気持ちが理解できない・・・。

このような大人の方も残念ながらいらっしゃいます。

「親」が言う通りにしていれば何とかなりますが、それは親の前だけです。

「親」が居なくなると、『想像力の欠如』していることが災いし、トラブルになってしまうこともあるかもしれません。

そうならないために、想像力を付けさせる1番の近道は、“自分で”考えさせることなのです。

【衝撃!】「不登校のお子さんを持つ親御さんの特徴」徹底解説します!
今回の記事は、不登校のお子さんがいる親御さんには、少し耳が痛い内容になります。心もズキっとするかもしれないです。それでも読んでいただくことで、現状の何か一つは変えられるかもしれません。覚悟をお持ちの親御さんだけが、読み進めてみてください。

「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響『想像力の欠如』まとめ

株式会社PLS 「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響『想像力の欠如』まとめ

ここまで、3回にわたり、「過保護・過干渉」が及ぼす悪影響について書いてきました。

お子さんの将来を脅かすだけでなく、時として他人を傷付けてしまうことにもなりかねません。

親御さんが、お子さんのことを心配になる気持ちも充分に理解できます。

しかし、あくまでもお子さんの考えを尊重することが最優先です。

何事も”過度”にするのはよくないと、私は考えます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

日々の育児の気づきになれば、幸いです。

PLSotoiawase
株式会社PLS お問い合わせ
各種お問合せ
各種お問合せ カウンセリング、サービスについてのお問合せは以下のご相談フォームからお願いいたします。 その他のお問合せは以下のフォームよりお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました